企画展

平成27年11月1日(日)〜平成28年3月31日(木)

ノート・ブック思いを綴る

ちらし画像

幼少のころから晩年まで、阿佐緒はその思いを短歌や散文、時には絵画の形で書きとめ続けてきました。
幼い頃の毎日のくらし、歌に全てをぶつけた若き日々、穏やかに過ごしながらも創作への情熱を持ち続けた晩年の頃。
原阿佐緒記念館に残された数十冊の阿佐緒のノート。
そこにはその時々の思いや情熱、様々な感情が込められた歌が綴られています。
今、この残された「ノートブック」を通して阿佐緒の思いを探ります。

このページの上へ