原阿佐緒 写真

ご挨拶

アララギ派歌人 扇畑 利枝

原阿佐緒は、明治21年(1888年)6月1日、宮城県黒川郡宮床村(現在の大和町宮床)の素封家・父幸松、母しげの一人娘として生まれた。

先に短歌を明星派の与謝野晶子に師事、のちアララギ派の斎藤茂吉、島木赤彦の指導を受ける。九條武子、柳原白蓮と共に三閨秀歌人として、その美貌と才能をうたわれたが、大正10年の東北大学教授・石原純との恋愛問題のため、長い間不遇な立場に置かれていた。

昭和36年「原阿佐緒歌碑建立」昭和63年「原阿佐緒生誕百年祭」を機に漸く世人からの理解と支援を得、更に平成2年6月1日「原阿佐緒記念館」の開館にともなって、その名誉と地位はゆるぎないものになった。

七ツ森と宮床川の美しい風土のなかに育まれ、ふたたび蘇った郷土の歌人・原阿佐緒をいつまでも讚えていきたいものである。

このページの上へ